とある暇人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ハンバーガー100個生活(7日目)

7日目です。一週間たちました。
ブログの記事は一日一つずつ書いてたわけではないのでズレています。

旧約聖書 『創世記』には「神は七日間で天地を創造した」という旨のことが記載されている。
エヴァQ同時上映『巨神兵、東京に現る』にもこの事に触れていましたね。
「7」という数字は実に不思議である。0、1、2、3、5、7、11、13・・・
ラッキーセブンとも言うし、七福神、七五三、七草粥、七味唐辛子、七色の虹、七夕、七不思議、七人の侍、七つの大罪・・・
サイコロの反対側の目の合計は必ず「7」。ドレミファソラシで「7」。セブンスターやマイルドセブンも含まれるのだろうか。
どうやら「7」という数字は人類にとって秩序を守るために都合のいい数字のようである。一週間が七日間なのもそれが理由らしい。なんとなく落ち着くのだそうだ。

そんなこんなで七日目、ハンバーガー100個も食べ終わる最終日となりました。

本日最終日の料理はこれ!最後の2個です。



手前のものは、近所のスーパーで購入した白身のフライを挟んで、フィッシュバーガーにしたもの。
奥のものは、チーズを挟んだチーズバーガー。
そして今回はセットメニューということで、フライドポテトを自作。
じゃがいもを細くスライスし、油で揚げる。
油をケチったせいか、失敗して、ただのふかした芋になってしまったことは言うまでもない。
レシピ見ながら作ったのにおっかしいなぁ。いつかリベンジしよ。


このままだとお料理ブログになってしまうので、近況報告。

2014/9/22「シン・アスカ」「キラ・ヤマト」をMMDモデル改変として配布してたのですが、改変元のモデル製作者様から停止申請が来ましたので、配信を停止させていただきます。既にダウンロードされた方は使用を控えて、可能であればモデルデータの削除を行ってください。どうしても使用したいという方は、自分で作りなおしたものを再度アップロードしたいと思いますので気長にお待ちください。

「何かを作って、外部に発信したいという欲求は自然なものです。」という一文をピアプロで見かけました。承認欲求は誰にでもあります。認められたい。自慢したい。それでも、正しいルールの中で、皆で約束を守りながら著作権を考えることが大事だと思います。今回モデル製作者様との会話の中で、ネット上でのいざこざにまで発展しなくて本当に良かったと思います。次回から気を付けたいと思います。報告してくださった方にも感謝です。

もひとつ近況報告。

自分の将来の進路が決まりつつある中、「他の進路によそ見してたらいけない」という意見を頂きました。
確かにそうかもしれませんが、自分はまだ諦めたくないです。可能性が少しでもあるなら、他の進路にも挑戦し続けていきたいと考えています。「お前は決まったんだからいいだろ」「何も心配しなくていいじゃないか」「その枠を俺にくれ」そんなことを内心思われているのは承知ですが、椅子取りゲームをリタイアするのとは違います。まだゲームは続いている。まだ椅子は残ってる。それならまだ自分には他の椅子にも座る権利があるのではないでしょうか。後悔しないような選択をしたい。自分のことは自分で決めることにします。当たり前のことかもしれませんが、自分のちょっとした決意表明終わり。


最後に

100個のハンバーガーをプレゼントしてくれた友人A!ご馳走様!
現時点でのFacebookでのコメントは10件程度、Twitterではリツイートが17件、お気に入り登録が20件だ。少ない?自己最高数だよ!いつか酒でも奢ろう。いい思い出になりました。皆も食事のバランスには気をつけろよ!
スポンサーサイト
2014-09-23 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ハンバーガー100個生活(6日目)

6日目です。序盤の頃は書く内容が多かったので、皮肉めいたことをラノベみたいな文体で書くことができてましたが、特に何も無い一日をどう面白く伝えるかという課題にぶち当たっています。

漫画やアニメの舞台は、ほとんどが中学や高校。理由は分かりますか?毎日が充実しているからです。毎日何かしらの事件や人間の感情の動きがあって、何も無い日というものはありません。一言で言えば青春。一日中寝たりパソコンしたりしてダラダラ過ごしている大学生をアニメ化したって何も面白くない。宇宙人、未来人、超能力者、異世界人、侵略者、魔王さま、ラブコメ、ギャグでもない限り有り得ない。
(私が崇拝している作品「NHKにようこそ」には、中退した大学生、そして岬ちゃんという天使が登場する)

そしてこの法則は、ハンバーガー100個食べようとしている私にも当てはまる時期が来たのだ。

だって俺、今日は一日中引き籠ってアニメ見てたもん!何書けばいいんだよ!
(花物語よかったです)


あぁバーガー?
クックパッドのモス風アレンジレシピを参考にして作りました( ´_ゝ`)

ニンジン、トマトなどをミキサーにかけ、炒める。


出来上がった特製ジュレを、新鮮なトマトと共に挟み、召し上がる。


ミキサー、宝の持ち腐れだったので無理して使うことに(*^^*)

残り6個!

明日はチーズを使います。
7日目に続く
2014-09-22 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ハンバーガー100個生活(5日目)

5日目に突入した。
朝から少し用事で出かけなければならないため、朝食として2個レンジで温める。

だがしかしッ!実際に口にしたのは一つだけッ!
1個目を食べ終わって考えるッ!
「2個目が入らない!」

・・・飽きというものは怖い。1個で満腹と感じたのは、俺の胃が小さくなったのか、それとも「もう食べたくないよ」と脳が訴えているのかのどちらかだろう。

いかんいかん、こんなペースじゃ長引くだけだ。
土曜日にもかかわらず、午前中に会議があったため、それに出席する。
だが、会議後、同席した友人から昼食のラーメンを勧められてしまう。
確かに最近同じもの続きで飽きていることは間違いない。
一度別のものも食べよう。(昨日のライス含め二回目)

…結局、ラーメン+半チャーハンセット(替え玉2回)を食べて満腹で帰宅する。
替え玉無料なのがいけないんだ!!

この日は、インパルスガンダムのプラモデルを組み立てることにし、私の心は童心に帰った。
画像?いつか載せるかも。

さて、恒例のアレンジ料理。
昨日はディランが「tomato & egg」を作ると約束していたな?
やってみることにした。

みなさんは「サニーサイドバトル!」をご存じだろうか。
ゲーム「ナルティメットストームレボリューション」の予約特典で付いてくるアニメ特典映像だ。
主人公のライバルの兄、うちはイタチが、一族の魔眼である写輪眼を発動させながら、完璧な目玉焼きを作るとする、シュールな作品だ。
削除されているかもしれないが、一見の価値はある。なんとなく、ここから目玉焼きの作り方を学ぶことにした。
サニーサイドバトル

某ハンバーガーショップでは、卵をハンバーガーほどの大きさに丸く焼くために、輪になった調理器具を使用する。
いま、自分の手元には無い。
だったら作ればいいだろ!?

まずはニンジンを切ります。


油をしいたフライパンに、丸くなるよう整えて設置し、火をかけます。
あとはタイミングを見計らって、卵を落とすだけです。
冷蔵庫の中には卵は一つしかない。失敗は許されないのだ。


ぐにゃぁ



・・・塩、コショウを適量ふりかけ、少量の水を周りにかけて蓋をする。
蒸発した水分で、蒸し焼きにするのだそうだ。
20秒ほどしたら蓋を開けて、完成です。
(このあと、スタッフが綺麗な円になるように包丁でカットし、切れ端を美味しく頂きました)


秋らしく月見バーガー完成!

残り10個!(数えました)

6日目に続く
2014-09-21 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ハンバーガー100個生活(4日目)

「やぁおはよう、キャサリン。今日から夏休みも終わって、授業が始まるみたいじゃァないか~?」

「そうみたいね。でもディラン?どうしてあなたは、そんなに顔色が優れないのかしら?」

「Yeah~よく聞いてくれた。それはね、最近、BURGERしか口にしていないからさ」

「まぁディラン!それは本当?」

「あぁ本当さ、キャサリン。友人Aが100個持ってきやがったのさ。おかげで俺は太る一方さ」

「でも偏った食事バランスで、逆に痩せてるようにも見えるわ!不思議ね」

「NoNo、そいつァ『元から』ってヤツさ。着太りするタイプなんだぜ?俺は」

「もうっ!そんなことはどうでもいいわディラン!4日目にして今日は初めての雨みたいね。湿気は大丈夫?」

「冷凍庫に入れているからなァ。いや、それも大丈夫なのか分からないけどな?ちゃんと温めれば食えるってわけさ」

「今日は写真も何も無いのね。一体どうしたの?」

「流石に飽きてきたから、今回はライス、コメ、つまり炊きたての白米が恋しくなっちまったのさ」

「そんなことで残りを食べ切れると思ってるの!?そんなんじゃ甘いわ!明日はしっかり食べるのよ?分かったディラン?」

「Yeah~キャサリン。そんなに怒らないでくれよ。明日は、tomato & eggを挟んでみようと考えているんだ。楽しみにしててくれないか」

「仕方ないわねディラン。ところで、今までの記事と比べて、どうして4日目だけが対話形式になっているのかしら。古い方式だわ」

「Yeah~俺には書き手の気持ちが分かるぜ。いわゆるこれは……『ネタ切れ』ってやつさ」

残り15個ほど?

5日目に続く

2014-09-20 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ハンバーガー100個生活(3日目)

昨日は眠気にやられて倒れるように眠ってしまった。一体何が原因なんだ…?食生活ではないしなぁ…。
そんなことを考えながらハンバーガーを朝から食べる。この2日間、水分以外にはハンバーガーしか食べていないような気がする。Twitterで検索すると、歴戦の猛者たちが「100個食べて病院行きました!」などという武勇伝を語っている者もいた。違う、そうじゃない。

朝から大学の話し合いに参加するも、友人Fから開口一番に「顔色悪いけど大丈夫?」と聞かれたシン・ラングレーである。そんなにひどいか。いつものことです。

友人Fに事情を説明すると、快く昼食を共に食べることを承諾してくれた。ここからは賞味期限との戦いだ。
具合悪くなっても自己責任で!を口癖に10個ほど食べてくれた。貧乏な学生は化け物か!?
話を聞くと友人F、海外に行くことが多く異文化の食生活でも適応能力が高いらしい。成る程、お腹壊したことないのか。それは良かった(ニッコリ)どんどん食べてくれ。味に飽きてきて、僕はもう疲れたよパトラッシュ。もう、ゴールしてもいいよね?

冷蔵庫からは姿を消した。だがその先に待ち受けるのは冷凍庫というステージだった。まだまだ道のりは遠い。

本日は野菜を取ろうと、佐世保バーガー風にアレンジ。本場で食べてから今まで苦手だったトマトを食べれるようになったほど美味いんだよ。ひとつ失敗したのは、レタスではなくキャベツであること。この時期のレタスは少し値が張る。



残り25個ほど?

4日目に続く


2014-09-19 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ハンバーガー100個生活(2日目)

朝食からハンバーガー。これが基本である。
アメリカ人もこんな朝を迎えているのだろうか。いや、そんなことはないはずである。いくら太っている人が多いとはいえハンバーガー100個なんてアメリカ人も逃げ出すことだろう。
アメリカンポリスはドーナツ食べ放題という法律があるそうだが、絶対飽きるだろうと今では思っている。

さて、この大量のハンバーガーを一人で食べ切れるのか。FacebookやTwitterでは「食べてみせる!」と豪語してしまった手前引き下がるわけにはいかない。

と、思ったのはこのブログの視聴者だけである。無理である。常識的に考えて。

表示されてはいないが賞味期限を過ぎればお腹を壊してしまうのは確実である。ただでさえ腹を壊しやすいシン・ラングレーであった。
大量に捨てるのも地球上の貧困層の子供達のことを考えるととても出来やしない。

実は昨夜のうちに大学の友人に「タダメシ食いてぇ奴は来い」と連絡しておいたのだ。友人A、すまない。一人で食べ切るぜ!という約束はたった2日目で破れてしまったよ。だが世界中の子供達のためだと思って許してほしい。

午前中はその友人AとBに朝食テロを行い、合計3つを消費した。個人的にもう一つ自分で食べた。午後からはお腹を空かせた貧困層の飢えた大学生がやってくるのだ。

午後13:00、まず一人目の友人Cがやってきて、食いながら乙女のように恋バナをしていた。
二人目は本命デブ(通称D)である。食い放題に釣られたのか、遊びに来ただけなのかわからないが、ばくばく食べていた。この時点で俺は、数えるのを辞めた。

~しばらく遊戯王をしていた。残りはいくつだろう。においのせいで少し虫が飛んでいるのが非常に怖い。「増殖するG」なんてカードも使ってこないでほしいものである。「スターダストドラゴン」をお礼として貰った。
しかし今はバーガーのことだけしか考えられない。食べながらカードゲームをしていると、三人目の友人Eから突然一言だけのそっけない連絡があった。

『持って帰っていい?』

なんという強欲、傲慢。人様からタダでもらうという好意を利用し、私利私欲のために持ち帰るというのか!人間の浅ましさを垣間見た瞬間である。しかし世界の子供達のためにも、「好きなだけ食えよ」と返事を返すわたくし。優しい。

ちなみにこの友人E、すぐ帰ると言っておきながら、結局夜まで部屋で遊戯王で遊んでいた。まさに外道である。

「ビックマック作れよw」という弟の指示により、俺はハンバーガー3体を生贄に捧げ、ビックマックを召喚する!夕飯はこれだ!



残り50個ほど?

3日目に続く
2014-09-19 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ハンバーガー100個生活(1日目)

時刻は午後11:00に達しようとしていた頃。それは突然やってきた…。



友人A「誕生日おめでとう!」
両手に掲げられたのは某バーガーショップの袋10個ほど。なんじゃなんじゃ俺の誕生日は一週間前に終わったんだが?そんなことを考えながらテーブルの上に広げられるハンバーガーたち。合計100個あるらしい。深夜のテンションで四人の友人たちが一つずつバーガーを手にした。
「乾杯っ!」
実を言うとこの友人A、以前もうまい棒100本という偉業を成し遂げている阿呆である。九州男児というよりも江戸っ子のような行動力の高さには感心さえしてしまう。この日は4つ減っただけであり、本番は明日からだ。そう心に決めて、駐車禁止のタイヤロックに絶望しながら眠りにつく、シン・ラングレーであった。

2日目へ続く

2014-09-19 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

シン・ラングレー

Author:シン・ラングレー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

Twitter(@unmei96)

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。